ソノ日グラシ~北欧民具daNSUKe+店長日記~

北欧民具dansuke+の店長日記です。お店のこと、見たり聞いたりした北欧のこと、日々の暮らしの中のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大きな買い物

こんにちは。北欧民具daNSUKe+の店長、万衣乃です。


私ごとですが、本日、今までで最も大きな買い物をしました。



DSC_0335.jpg


デンマーク語でHusと言います。そうです、家です。


奇しくもクリスマスの引き渡しとなったThe Japaneseなおうち。


北欧のいろいろな家を見る中で、やはりその土地の風土に合う家がいいなあと思っていました。



住む人が自分たちに合わせて家を作るのではなく

住む人がその家に合わせて暮らすという考えが

あってもいいのではないかと。


事実、改めて今日この家に入ってみて、

この家は私を育ててくれるだろうなという思いがありました。


今はまだこの家のポテンシャルに追いついていない私。

借りてきた猫状態。


この家を訪れて玄関から私が出てきたら


なんかコントみたいになると思います。


おうち



とりあえずまず年明けにリノベーションをして、

ゆっくり時間をかけて馴染んでいこうと思います。


北欧やミッドセンチュリー期の名作家具をこの家に合わせたら

この家の違った魅力を惹きだす事が出来るんじゃないかと

野望に満ち満ちている私です。




スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

  1. 2013/12/25(水) 23:00:18|
  2. 暮らしのはなし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスの謎

こんにちは。北欧民具daNSUKe+の店長、万衣乃です。

いよいよ街の中はクリスマス色になってきましたね。
イルミネーションが点灯を始め、彩り豊かな夜になってきました。


クリスマスといえば、
先日ふと、昔クリスマスにもらったプレゼントのことを思い出しました。

あれは私がまだうら若き10代のクリスマスのこと。


私には年の離れた弟がいたため、
当時まだ、家族間ではクリスマスにはサンタが来るという設定になっていました。
プレゼントを置くのはわが両親であるのはみんな知ってはいたものの、
暗黙の了解となっていました。


もう高校生だった私にも一応プレゼントはあり、
クリスマスの朝には枕元に図書券やギフトカードなど
やけに現実的なプレゼントが置かれていたものでした。


けれども、高校2年の年のクリスマスは少し様子が違っていました。

朝、枕元にあったのは高さ50cmはありそうな、やけに大きな長方形の箱。
「まさか弟のものと間違えたのかな…」

と怪しみつつ、開けてみるとそこに入っていたのは









ダンシングサンタ


ダンシングサンタ












はて。




これは一体なんなんだろうかと。




クリスマスはサンタさんがプレゼントを持ってくるのだとばかり思っていましたが、


サンタさん自らがプレゼントになってくるとは。




しかも、もらっておいてこんなことを言うのもなんなのですが、


全然うれしくない。




全く腑に落ちない私は、台所にいた母を相手に、
ついに家族間のタブーを破り、もの申しました。


「これ、誰が選んだの?」



母は言いました。



「おとうさん。」




うちの父は何を思って私に突然ダンシングサンタを贈りつけたのか、

それはいまだにわかっていません。



とりあえずダンシングサンタの電池を入れ、動かしてみると、

こちらの気分とは裏腹に、やたら陽気な音楽とともにくねくね踊っているサンタ。


彼は「メリークリッスマース!」と時おり声を発しては、

しゃがんだ状態のまま途中で音楽が切れると、

「ジーコジーコジーコ…」と機械音をたてながら、何度でも立ち上がるのでした。



その年彼の活躍はその日一日だけで終わり、
それ以降、(私が実家を出たため)私が彼の姿を見ることはありませんでした。



風のうわさによると、クリスマスが近くなると実家では、たたずむサンタの姿があるとかないとか。


今では懐かしい思い出です。




北欧民具daNSUKe+ではただいまクリスマス特集開催中です。

※ダンシングサンタのご用意はありません。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/22(金) 18:44:39|
  2. 暮らしのはなし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーン・グリーン

こんにちは。北欧民具daNSUKe+の店長、万衣乃です。

今日、某地域刊行物の取材でとある地域団体のもとへおじゃましました。

花壇で花作りをする団体なのですが、

そちらの団体の花壇では花だけではなく野菜やハーブも育てており、

おみやげ?にいろいろなハーブや挿し木用の植物をいただきました^^


きれいなグリーンは目に入るだけで嬉しいものですね。

P1017363.jpg

取材にきてくれたから、と奥様たちが収穫した野菜を使って調理室で即座に料理!

お昼までごちそうになってしまいました♫


P1017366.jpg

花壇で育てたじゃがいもや玉ねぎにニラに分葱・・・

コンポストの肥料で育った無農薬で元気な野菜達。
どれも新鮮でやわらかく、おいしかったです!!
ありがとうございました♫♫


あまり寒くならないうちにうちも何か植えなければ・・・


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. 2013/10/29(火) 23:13:21|
  2. 暮らしのはなし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おむすびのある風景

こんにちは。北欧民具daNSUKe+の店長、万衣乃です。

お米がおいしい季節ですね。

おむすび


おむすびと言えば映画カモメ食堂の「日本人のソウルフード」との言葉が頭によみがえります。

確かにとても日本的な食べもの。


昔読んだ何かの本で
『心をぎゅっと結ぶから、うちでは「おにぎり」じゃなくて「おむすび」と呼ぶ』
というセリフがありました。

うーん。名前まで味わい深い…


そんなおむすびを載せている皿はデンマークの「Bing&glondahl」社製temaシリーズのプレート。

落ち着いた雰囲気を持つデンマークの食器は和食器として使っても調和してしまいます。

日本のものが好きなんだけど、こてこての「和」はちょっと…という方におすすめ。

さっぱりとあか抜けた雰囲気になります。


洋食だけに限らず、
いろいろなものに合わせてみてはいかがでしょうか?

テーマ:北欧インテリア・雑貨 - ジャンル:ライフ

  1. 2013/10/28(月) 18:14:27|
  2. 暮らしのはなし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いただきもの

こんにちは。北欧民具daNSUKe+の店長、万衣乃です。



夏の名残りのいただきもの。


ゴーヤとししとうをいただきました。



ゴーヤは種を採取用にと熟れたものもいただき、早速種を取り出しました。


P1016930.jpg


はぜた実の中のきれいな赤い種。


この赤い部分を取り除くと、

まるで陶器のような色をした厚手の種が。



P1016932.jpg


ウリ科の種でもこんなに違うものなのですね。


そしていただいた万願寺ししとうのような大きなししとう。


せっかくのおいしそうなししとうだったので

素の味を堪能すべく、焼いた上に、岩塩とカボスだけでいただきました。



ししとう


ジューシーな青みに辛みがほんのりと効いて、お酒が進みます!



夏の終わりを堪能させていただきました。


いよいよ秋が楽しみです。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2013/10/04(金) 21:51:12|
  2. 暮らしのはなし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。